平和運送,安全への取り組み

安全方針

輸送と それに伴う全ての作業(輸送作業と称す)を安全に行うための方針は以下である

1.経営責任者 及び監督責任者の義務

輸送作業の安全が事業の維持継続の確固たる真情である事を認識し 経営責任は
監督責任者と常時連携し業務全般において 安全維持継続への主導的役割を果たす
監督者責任者は 社員との濃厚なる連携を維持し業務上におけるあらゆる災害と
事故の未然防止を図る
様々な現場において 日々変化する状況を敏感に捉え 現場から発せられる
社員の意見及び提案に対しては敏速に対応し あらゆる災害 事故の事前防止
活動に組織的に取り組み 安全性を向上させる

2.手順策定と現場周知による敏速な改定

輸送作業に関する規定 手順を策定し社員への周知を行い 安全性の向上を図る
作業現場の巡視活動を日常的に行い 随時手順の変更改定を行い事前管理に反映
させる
あらゆる現場の視察を随時行ない 不安全要因の発見に努め改善を継続し安全に
安全性の向上に努める 関する情報を収集し必要に応じ関係者に公開或いは通知する

安全方針に基づく遵守事項

1 安全第一 
輸送業務は社員及び関係者の安全を第一として業務遂行の基本とする

2 目標の設定と継続的改善
目標を掲げ達成に向けての継続的改善を行う

3 事故 災害の未然防止
事故及び災害を未然に防止するため情報集に努め
情報を公開し 周知を履行する

4 報告の義務
安全を損なう情報を入手した場合は速やかに報告し対策を講じる

5 法令等の遵守
安全関する法令や社内規則 その他 安全に関するを規定等を遵守する

施 策 実施要領
安全確保と維持の重要性を周知徹底

安全関係法令及び安全管理項目を遵守
安全方針 推進項目の掲示
  法令と項目の周知と理解
各自の意識高揚
輸送作業の安全に関するに貢献する
物品の購買 
随時必要性を模索する
点検用専用機器による点検の充実
社員研修教育の充実(映像等)
研修情報の入手と周知活動
輸送安全に関する助言指導を行う

是正措置及び予防措置を講じる
現場実情確認 報告提案の敏速対応
定期 不定期 随時 現場確認
改善箇所の把握と予防措置の確立
輸送及び付帯作業に関する情報の周知

体制を確立し確実な伝達と周知を図る
様々な現場情報 重要事例等
デジタルカメラとEメールの併用使用
の率先を図り敏速詳細に閲覧周知可能 にして理解の正確性を向上させる
安全に関する教育及び研修に 関する計画を策定し実施  研修内容の充実のための検討
研修の開催計画と実施の記録
参加意識の高揚を図る
管理職セミナーの率先開催
協力会社の安全意識高揚と情報提供 情報未伝達によるトラブル防止 安全及び業務関連情報の伝達
自社同様の敏速性と正確性で行う
情報共有 (資料の確実配布)
運行前(前日) 必要事項の確認
社内安全意識と知識の向上
災害防止に関する情報入手と予防措置 の充実
事例等の収集と精査を行ない自社業務
に反映させる 随時見直改善
社内掲示と個人への通知 理解の確認
実例情報の収集と予防策の確立
全てに関して敏速な周知を行う

安全衛生委員会活動指針

安全衛生活動に基づく実践要領

安全衛生委員会職務活動一覧表

平和運送,安全方針
平和運送,環境方針
平和運送,採用情報
品質方針
平和運送,安全写真
安全講習会
<